2日2019年12月

使用目的を考えて選ぶ

普通車や軽自動車など様々な車がありますが、まずは自身の使用目的を考える必要があります。例えば毎日の通勤や買い物に使う程度であれば、大きな車は必要ありません。この場合は燃費の良い軽自動車が一番合っていると言えます。逆に、ドライブが好きで毎週のように長距離ドライブをしたい場合は普通車が望ましいです。普通車の方が高速走行で安定しますし、加速もスムーズです。使用目的を無視して、車の種類や価格だけで選んでしまうと後悔する可能性が高くなります。

信頼できそうなお店で買う

中古車を購入する際はどうしても価格を最優先にしがちですが、それよりもまず信頼できるか否かという部分に注目したいものです。車を売るだけ売って、後は適当にあしらわれるようなお店だと信頼関係を築けません。接客態度はもちろん、購入後に万が一トラブルが発生したらどうなるかという点も確認します。また、車は機械なので日々のメンテナンスが非常に重要です。多くの販売店ではしっかりと車を管理していますが、中には杜撰なケースもあります。瞬時に見極めるのは困難ですが、例えば並んでいる車が汚れていたら管理が良くないかもしれません。目立つ部分を綺麗にできていないということは、内部まで手が回っていない可能性があります。

激安の車も場合によっては良い

中古車を見ていると、10万円以下で購入できるような車もあります。いつ故障してもおかしくないような車は激安になりますが、本当に少しの間だけ乗れたら良いという場合は要注目です。メンテナンスによっては、意外と長く乗れることもあります。

新車に比べるとボルボの中古車は非常に値ごろ感があり、それでいて故障が少ないのでお得感のある買い物と言えるでしょう。